MENU

乳首の痒み、ホルモンバランスが原因であることもある

 

乳首 痒み ホルモンバランス

 

乳首に痒みが発生する原因のひとつには、女性ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

 

女性ホルモンの分泌バランスの乱れは、特に生理前後、妊娠中や出産前後にあらわれやすいです。
ですからこのタイミングでのみ乳首に痒みが出てくると言う方は、ホルモンバランスの乱れが原因であることが疑われます。

 

女性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、生理前から排卵終了後にかけた増加するエストロゲンには、皮脂の分泌を促し、自律神経に強く働きかける作用があります。

 

その結果、乳首に皮脂が溜まりやすくなったり、免疫力が低下しやすくなります。
免疫力が低下すると皮膚の防御力も低下して、些細なことでも刺激を受けやすくなります。

 

更に肌に潤いを与え、その潤いを保つ作用を持ったホルモンも低下するため、肌が乾燥しやすくなります。
ですからその結果として、もともと敏感な部位である乳首に痒みが発生することも多くなる傾向にあります。

 

ホルモンバランスの乱れには個人差があります。
ですが一般的には、ストレスや不規則な生活習慣によるところが大きいとされていますので、まずはそれらに気をつけることが対策としては効果的です。

 

また女性ホルモンと似た作用を持つイソフラボンを、大豆食品やサプリメントなどから補うことも良い対策です。