MENU

乳首の痒みは乾燥や摩擦が原因です

 

乳首 痒み 摩擦

 

乳首に痒みを感じることがあります。

 

乳首の痒みの原因にはいくつか考えられ、乾燥が原因の場合があります。
乾燥が一番多い原因でもあり、乾燥によって皮膚の水分が奪われ、血流の流れも悪くなることが原因です。

 

他の部位と比較しても乾燥がわかりにくい部位でもあるため、気がつかないことも多いのです。

 

乳首は汚れやすい部位でもあり、洗っているつもりでも実は洗いが足りないこと場合があります。
皮脂が溜まって痒くなる原因にもなるのです。

 

強く洗う必要はありませんが、念入りに洗う必要はあります。

 

また、皮膚が弱く敏感な部分なので、ブラジャーなどの摩擦の刺激で傷むことがあり、皮膚が傷を治そうとして痒みとなることもあります。

 

ブラジャーのサイズが合っていないことで摩擦の原因になったり、ブラジャーの紐の長さの調節も影響している可能性があります。

 

解消するためには、一番多い原因の乾燥を解消することです。

 

保湿クリームをまめに塗って乾燥を防ぎます。
保湿しても治まらない場合には皮膚科か婦人科を受診することも必要です。