MENU

乳首の痒み、皮脂の汚れが原因のこともある

 

乳首 痒み 皮脂の汚れ

 

乳首の痒みの原因には、様々なことが考えられます。
その中でも比較的、多い原因として挙げられるが皮脂の汚れが溜まっていることです。

 

乳首周りと言うのは、意外に汗をかきやすい部位です。
夏場は勿論のこと、冬場であってもブラジャーの中が蒸しているような思いをした方は多いかと思われます。

 

そのため、その汗によって皮脂が発生し、そこに雑菌などが繁殖して皮脂汚れとなって溜まることが多くあります。

 

そうすると、それが刺激となって痒みが発生しやすくなります。
乳首をやさしく指の先や綿棒などで撫でてみて垢のようなものが付着した場合は、これが原因である可能性が高いです。

 

皮脂の汚れが溜まり続けると、ブラジャーなどに付着することもあるので、衛生的にも良くないと言えます。

 

ですから対策としては、日々、これを除去することが求められます。

 

ただし乳首はデリケートな部位です。
ごしごしと強い力で洗うと、メラニン色素の分泌による黒ずみが発生する恐れもあります。

 

ですから、石鹸などを良く泡立てて、その泡で包み込むようにして洗うことが求められます。

 

また痒みがあるからと言って、強い力で掻いてしまうも避けて下さい